Kanioの日記

ジャンルが定まらず、混沌としています。

アメリカ旅行にかかわるコロナ検査

人生いろいろあって、アメリカに旅行して、帰ってきた。
結論、日本が良い。

 

数ヶ月ぐらいで無意味になりそうだけど、旅行で必要になったことをまとめてみた。
コロナの諸々が大変面倒かつコストがかかる。みんな旅行に行くなら、2022年の末ぐらいまで待とう。

 

アメリカに行く
出国のためにいろいろな書類がいる。

 

a. ワクチン摂取証明書
iPhoneAndroid があれば、アプリで入手可能。申請には、マイナンバーカードが必要だった様な。ただしデジタル庁はウ●コなので、iPadだと不可。まじ、ウ●コ。

アプリで入手した後、紙に印刷しておく必要がありそう。

書類を取り寄せたければ、地方自治体にお願いする。たぶん郵送のみ。
自分は東京なので区の自治体のホームページを見て、必要書類を揃えて、書類を発行してもらった。余裕を見て申請しないと、出発までに書類がこない恐れがある。びびる。

 

b. 陰性証明書
アメリカの場合、出国の1日前に受けたPCR検査の陰性結果が必要。24時間前ではないので、少し余裕がある。

空港にもPCR検査をしてくれるところもあるが、陰性証明書にパスポート番号をいれてくれないという謎の嫌がらせをしてくる(某木下)。日本の航空会社の飛行機に乗る場合、チェックが厳しいので、英字かつパスポート番号がないと怒られるそうな。海外の航空会社は緩いらしい。

アメリカ大使館のページに推奨のPCR検査機関がのっているので、そこから見つけるのが確実。ただし、どこも法外(?)に高いので、専門のPCR検査機関が安くておすすめ。

自分は チームメディカル クリニックで海外渡航用の書類を発行してもらった。たぶん、都内ではここが一番安い。ただ、ここはクレジットカード決済で謎URLに飛ぶところに怖さがある。昭和かよ。
https://www.team-medical.or.jp/

ちなみに結果の受け取りには、MySOSという謎アプリが必要になる。MySOSは日本入国の際にも使う。こちらはiPadでも利用可能。陰性証明書も一応、紙で出力しておいた方がいいかも。

 

c. esta
アメリカのビザ申請プログラム。3週間ぐらい前に申し込むのが安全。オフィシャルなページから申請しよう。
https://esta.cbp.dhs.gov/

どっかの会社が、オフィシャルページそっくりな仲介サイトを作っている。オフィシャルなら15ドル、いんちき仲介だと2~3万かかる。犯罪だろ。


日本に戻る
帰国するにも色々必要。

 

a. ワクチン摂取証明書
出国の時と同じ。

 

b. 陰性証明書
入国3日以内の陰性証明書が必要。アメリカで有効なPCR検査機関を探すのは難しいので、素直に利用した旅行会社やらの人に聞くのが楽。不安なら日本政府の該当ページを見れば良い。

PCR検査では、日本だと鼻の奥にまで棒を突っ込まれたが、アメリカでは鼻の穴を撫でる程度。ほんとに検査する気あるのかは謎。

結果は数時間後に出るので、書類のピックアップも旅行計画にいれておかないと悲しいことになる。

 

c. ファストトラック申し込み
日本入国処理を早く終わらせるための事前手続き。MySOSというアプリをインストール後、もろもろのフォームを埋めていく。

途中、ワクチン摂取証明書と陰性証明書の写真をアップする必要あり。申請が完了すると、MySOSのアプリ画面が緑になる。

ちなみにMySOSのUIはウ●コ。それボタンじゃねーだろ、というボタンがある。いろいろ面倒なので、日本にいるうちに調べておいた方がよい。

 

日本到着
めでたく日本に到着すると、再度PCR検査がある。

唾液で検査するので、水分ゼロの体だといつまで経っても必要な唾液を集められない。指定の容器に唾をためるも、「泡だからアウト」みたいな判定を2回くらう。ビールかよ。

検査結果は最低1時間はかかるみたい。なので、その後の予定がある場合は多めに予備時間を取っておいた方が良い。

もし、PCR検査でひっかかるとCocoaをインストールするか、隔離されるかの選択がある。ちなみに、CocoaiPadだとインストールできない。まじウ●コ。

 

以上、いまは旅行に行く時期ではない。

 

* 追記

日本の入国時の検査が6月1日から簡易化されたそうな。
あと1週間ぐらいずらしとけば ...